復縁イメージ

 人間にとって食は欠かせないものです。毎日の食事を作るときにも栄養成分のことも考えて作った方がより体の健康にとってよいでしょう。
 さまざまな栄養成分の情報を載せました。また、さまざまな食品に含まれる栄養成分についても触れました。
 ぜひ、当サイトの情報を元に日々の食事を作る際に栄養成分のバランスなどを考慮してお作りになられてみてはいかがでしょうか。きっと、ご家族の健康な暮らしにも貢献することでしょう。

サイト記事一覧

アントシアニン

効果としては、動脈硬化や高血圧の予防やサラサラな血液を作ったり、肝機能の向上にも貢献します。 眼精疲労や視力の回復などの目の網膜を活性酸素から守る働きもあるといいます。 ポリフェノールの一つで、ブルーベリーなどの紫色の植物に多く含まれています。 [アントシアニンを含有する食品] ブルーベリー、むらさき芋、チェリー、シソなど [効果・効能] ・高血圧の予防 ・動脈硬化の予防 ・血液の浄化

銅(Cu)

  体がビタミンcを利用する際や、過酸化脂肪などの分解や、血管や骨をコラーゲンを生成することによって強化するなどにも 不可欠の栄養成分です。 赤血球のヘモグロビンの形成を鉄の利用効率を上げることにより促進します。糖代謝や脂質代謝にも関係しています。 100~150mgほど体内に存在しているといいます。 銅の不足によって髪の毛がちぢれたり、髪の色が落ちたりします。貧血の予防には欠かせません。 【銅を含有する食物】 レバー、グリーンピース、そらまめ、いいだこ、するめ、など。 【効果・効能】 ・乳児の成長の促進 ・関節の痛みなどの緩和。 ・貧血を防ぐ。