牛乳

 食べて得られる効果効能ですが、貧血の解消に作用します。牛乳に含まれる乳糖が鉄分の吸収を助けてくれるからです。  また乳糖は乳児には欠かせない栄養素です。また、便秘の予防・改善、動脈硬化の改善、がんの改善、イライラを鎮める、骨を丈夫にするなどの働きがあります。  含有する有効成分ですが、ビタミンB2・C、鉄分、脂質、リン、たんぱく質、カルシウムが挙げられます。また、乳糖やカゼインホスホペプチドはカルシウムの吸収を助けてくれる働きがあります。  飲み方としては、牛乳を飲むと下痢をしやすい人は、少量ずつ温めた牛乳を料を増やして飲み続けると下痢をしなくなるそうです。  牛乳に含まれる鉄分、亜鉛などは70%も有効に吸収されるといいます。このような優秀な食べ物はどんどん摂取していきましょう。 [効果効能] ・便秘の改善 ・イライラの鎮静 ・骨の健康維持 [含有する成分] ビタミンB2・C、鉄分、脂質、リン、たんぱく質、カルシウム