アスパラガス

 食べて得られる効果効能としては、動脈硬化の予防(ルチンの働き)、滋養強壮や疲労回復(アスパラギン酸)、貧血の予防(葉酸)、美容効果、がんの抑制、老化防止、が挙げられます。  含有する有効成分はビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1・B2、ビタミンA(カロチン)、アスパラギン酸、ルチンがフリーンアスパラに、ホワイトアスパラガスにはビタミンCが少し含まれている程度です。グリーンアスパラガスの方が二校をたくさん浴びている分栄養価は高いようです。  歴史的には、江戸時代に到来しました。はじめは観賞用として扱われていたそうです。食用に用いられ始めたのは明治時代からだそうです。  名前の由来はアスパラガスの枝がスズメの巣のように見えることです。アスパラガスとは古代ギリシャ語で「スズメの巣」という意味だからです。  また、種類は2種類あって、ホワイトアスパラとグリーンアスパラがあります。ユリ科の野菜です。 [効果効能] ・動脈硬化の予防 ・貧血を防ぐ ・疲労回復 [含有する成分] ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1・B2、ビタミンA(カロチン)、アスパラギン酸、ルチン