紅茶

 食べて得られる効果効能としては、大脳を刺激して集中力を高めてくれます。これはカフェインの働きです。殺菌、抗菌作用もあります。血糖値やコレステロール値を低下させてくれます。がんや動脈硬化の予防、老化の防止に作用します。これはテアフラビンやカテキンなどの抗酸化作用のある成分を含んでいるからです。  含有する有効成分としては、タンニン、ビタミンB2、ビタミンK、マンガン、マグネシウム、カルシウム、カリウムです。タンニンは紅茶の渋みの原因となっています。  歴史的には、日本への伝来は1906年だといいます。 [効果・効能] ・集中力のアップ ・老化防止 ・抗菌・殺菌 [含有する成分] タンニン、ビタミンB2、ビタミンK、マンガン、マグネシウム、カルシウム、カリウム