栄養成分大別一覧

効果としては、動脈硬化や高血圧の予防やサラサラな血液を作ったり、肝機能の向上にも貢献します。 眼精疲労や視力の回復などの目の網膜を活性酸素から守る働きもあるといいます。 ポリフェノールの一つで、ブルーベリーなどの紫色の植物に多く含まれています。 [アントシアニンを含有する食品] ブルーベリー、むらさき芋、チェリー、シソなど [効果・効能] ・高血圧の予防 ・動脈硬化の予防 ・血液の浄化
  体がビタミンcを利用する際や、過酸化脂肪などの分解や、血管や骨をコラーゲンを生成することによって強化するなどにも 不可欠の栄養成分です。 赤血球のヘモグロビンの形成を鉄の利用効率を上げることにより促進します。糖代謝や脂質代謝にも関係しています。 100~150mgほど体内に存在しているといいます。 銅の不足によって髪の毛がちぢれたり、髪の色が落ちたりします。貧血の予防には欠かせません。 【銅を含有する食物】 レバー、グリーンピース、そらまめ、いいだこ、するめ、など。 【効果・効能】 ・乳児の成長の促進 ・関節の痛みなどの緩和。 ・貧血を防ぐ。
 効果効能としては、コレステロールを排除してくれる作用があります。また、インスリンの分泌を抑えてくれます。その結果血糖値の上昇を防止してくれます。これは低インシュリンダイエットとばれてかなり有名になりました。また腸内で細菌に分解されるとオリゴ糖に 変わって善玉菌を増やす働きをします。  特徴としては、でんぷんを含みません。菊科植物特有の多糖類です。また、不溶性で果糖が数十個つながって出来ています。  ダリア、チコリ、きくいも、ごぼう、ユリ根などに含有されています。 [イヌリンを含有する食品] ダリア、チコリ、きくいも、ごぼう、ユリ根 [効果・効能] ・コレステロールの排除 ・インスリンの分泌増加
 効果効能は神経細胞や脳細胞を活性化させる作用があり、精神状態の改善、認知症の予防に有効とされています。  また、アレルギー症状の緩和、がんの緩和、脳梗塞の予防、心筋梗塞の予防、動脈硬化・高血圧の予防なども挙げられます。  また、血液を浄化して血栓が出来るのを防止します。  大豆、くるみ、シソ油、大豆油、なたね油などに含まれています。 [α‐リノレン酸を含有する食品] 大豆、くるみ、シソ油、大豆油、なたね油など [効果・効能] ・動脈硬化・高血圧の予防 ・心筋梗塞の予防 ・アレルギー症状の緩和
 食べた時に得られる効果としては、とにかくいち早く体に吸収されるので、すぐにエネルギーが欲しい時などに摂取すると有効でしょう。また、性質としては脂肪に変わりやすいという特徴があり、多量に摂取すると肥満の原因となりますので注意が必要です。また、水溶性で、糖類の中では最も甘味が強いといわれています。  はちみつの固形成分のおよそ50%は果糖です。何から摂れるかと言えばそれは花の蜜や果物の蜜から摂取されます。 [果糖を含有する食品] 果物、花全般 [効果・効能] ・素早くエネルギーを摂取
「オリゴ」とは、「少し」の意味だそうです。果糖やブドウ糖などが3~10個ほど結び付いたものだそうです。  効果としては、大腸がんの予防や脂質異常症の改善が挙げられます。また、肌荒れやニキビを予防してくれたり、  便秘の改善をしてくれます。  砂糖より虫歯に成りずらいと言われています。また、砂糖よりカロリーが低くダイエットには最適です。  難消化性ですので消化器系に負担がかかるかもしれません。 [オリゴ糖を含有する食品] 母乳、バナナ、みそ、玉ねぎなど [効果・効能] ・ニキビ・肌荒れの予防 ・便秘の改善
 摂取の方法としては、水溶性なので水によく溶けだします。よって料理をした時など、特に鍋料理などは、その汁にもナイアシンは溶け出していますので栄養豊富な汁も飲みましょう。また、熱にとても強いので料理による加熱によってもその効果は無くなりません。  効果としては、アセトアルデヒドという二日酔いの元となる成分を分解してくれます。お酒が好きな方にはもってこいです。  たんぱく質、脂質、糖質の代謝を助ける重要な働きをしてくれます。  驚くべきことに、煙草などでおなじみのニコチンの親戚だといいます。ただし効果などは異なっておりますが。  また、ビタミンB群の一つです。 [ナイアシンを含有する食品] 焼き豚、アボガド、イカ、マグロ、かつおなど [効果・効能] ・お口の臭いの除去 ・消化器系の臓器の健康維持 ・中性脂肪などを減らす