藻類・菌茸類

 食べた時の効果効能は、がんや生活習慣病の予防、湿疹や肌荒れの改善(ナイアシンの働き)、疲労回復(ビタミンB1の働き)動脈硬化や脂質異常症の予防(コレステロール値を下げる働きがあるため)などが挙げられます。  有効成分は、β-グルカン(抗ガン作用あり)、食物繊維、ナイアシン、リン、カリウム、ビタミンB1、ビタミンDなどが挙げられます。  分布地は、日本では50%以上の国内生産量を長野県が占めています。世界中に生息しているそうです。 [効果・効能] ・生活習慣病の予防 ・肌荒れの改善 ・疲労回復 ・動脈硬化の予防 [含有する成分] β-グルカン(抗ガン作用あり)、食物繊維、ナイアシン、リン、カリウム、ビタミンB1、ビタミンD