野菜

 原産地は、八丈島で、その名前の由来は、今日芽を摘み取っても明日にはもう新芽が生えることから「明日葉(あしたば)」と言われているそうです。  あしたばに含まれる有効成分としては、食物繊維やカルコン、クマリンなどのポリフェノール類、ビタミンA(カロチン)、ビタミンB2・B12、ビタミンC、カリウム、ゲルマニウムやクロロフィル、カルシウムがたくさん含有されています。緑黄色野菜の中でも優れものです。  食べた時の効果効能ですが、ゲルマニウムやクロロフィルなども含まれているので血液をサラサラにしてくれます。また便秘やむくみの解消にも作用します。強壮効果もあります。あと、カルコン、クマリンなどの癌を予防する物質も豊富なため癌の予防にも効果があります。高血圧にも効くようです。  また、血液の循環をよくして末梢血管を拡張させてくれる効果のあるあしたば独特の栄養成分であるカルコンは、セルライトの改善にとてもよく影響を与えてくれることが知られています。  あしたばを傷付けると出てくる黄色い汁のようなものは、このあしたばを特徴づけるカルコンをよく含む液です。 [効果効能] ・セルライトの改善 ・便秘の解消 ・癌の予防 [含有する栄養成分] ビタミンA(カロチン)、ビタミンB2・B12、ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維、カルコン、クマリン、クロロフィル、ゲルマニウム
 食べて得られる効果効能としては、動脈硬化の予防(ルチンの働き)、滋養強壮や疲労回復(アスパラギン酸)、貧血の予防(葉酸)、美容効果、がんの抑制、老化防止、が挙げられます。  含有する有効成分はビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1・B2、ビタミンA(カロチン)、アスパラギン酸、ルチンがフリーンアスパラに、ホワイトアスパラガスにはビタミンCが少し含まれている程度です。グリーンアスパラガスの方が二校をたくさん浴びている分栄養価は高いようです。  歴史的には、江戸時代に到来しました。はじめは観賞用として扱われていたそうです。食用に用いられ始めたのは明治時代からだそうです。  名前の由来はアスパラガスの枝がスズメの巣のように見えることです。アスパラガスとは古代ギリシャ語で「スズメの巣」という意味だからです。  また、種類は2種類あって、ホワイトアスパラとグリーンアスパラがあります。ユリ科の野菜です。 [効果効能] ・動脈硬化の予防 ・貧血を防ぐ ・疲労回復 [含有する成分] ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1・B2、ビタミンA(カロチン)、アスパラギン酸、ルチン